遺伝子改変技術による神経機能の分子機構

動物モデルによるうつ病や脳卒中・頭痛のメカニズム

国際色豊かなメンバーと多彩な共同研究

メンバー

Researchers

Avatar

相澤 秀紀

教授

精神疾患の病態, 分子生物学, 神経解剖学・生理学

Avatar

Deepa Kamath Kasaragod

助教

光学, 顕微鏡, イメージング

Avatar

半田 高史

助教

電気生理学, 二光子レーザー顕微鏡, 動物行動学

Avatar

松股 美穂

助教

動物行動学, 遺伝子改変技術, 神経生物学

Grad Students

Avatar

Meina Zhu

Grad Student

Neurology, Basal ganglia, Circulation

Avatar

菊谷和也

Grad Student

集中治療医学, 敗血症, 神経炎症

Avatar

寺井はるひ

Grad Student

脳卒中, 片頭痛, ゼブラフィッシュ

Avatar

Mayeso Naomi Gwedela

Grad Student

Epilepsy, Zebrafish, Herbal medicine

Administration

Avatar

中谷宣弘

Technical staff

組織学, 顕微鏡, 工作

Avatar

石丸由香

Assistant

分子生物学, 遺伝学, 遺伝子発現解析

Avatar

西村史絵

Assistant

研究室管理, マウス遺伝学, 分子生物学

Visitors

Avatar

武本秀徳

Visitors

リハビリテーション, イメージング, 遺伝子発現解析

Alumni

Avatar

Wanqin Tan

Grad Student

遺伝学, 神経回路, 動物行動学

Avatar

儀賀普嗣

Grad Student

集中治療医学, 敗血症, 神経炎症

Avatar

伊藤日加瑠

Assistant professor

細胞生物学, 神経炎症, グリア

野崎香菜子

Reseaerch scientist

神経炎症, ストレス, うつ病

Avatar

Wanpeng Cui

Assistant professor

モノアミン, 手綱核, グリア

中野高志

Assistant professor

モノアミン, 計算論的神経科学, データサイエンス

相澤 秀紀

相澤 秀紀

教授

広島大学 医系科学研究科 神経生物学

主宰者より

ヒトの臓器の中でも脳は部位ごとに異なる機能をもつ不思議な器官です。そんな脳の不思議に魅せられた学生や研究者が集まって、日々神経科学を学び新たな発見に感動しています。研究技術としては分子的操作性に優れたマウスやゼブラフィッシュなどのモデル動物を用いて、神経回路の機能を人為的に操作することを得意にしています。また、脳の構造解析、時々刻々と変化する脳活動の記録を通して、その働きと動物の行動制御の関係を調べています。

この研究室は2015年から始まった若い研究室です。理学・工学・情報科学など幅広い背景を持った学生・研究者と新しい研究領域を開いていければと思っています。大学生・大学院生・研究者だけでなく製薬会社との共同研究や学外の共同研究も積極的に行っています。

大学院入学・共同研究などに興味があれば問合せから気軽にご連絡ください。

Researchmap

ResearchGate

ORCID

興味・関心
  • 精神疾患の病態
  • 分子生物学
  • 神経解剖学・生理学
学歴
  • PhD in Medicine, 2003

    Chiba University

  • MD, 1998

    Yamagata University

研究内容

*
うつ病における手綱核の役割

うつ病における手綱核の役割

脳の微小領域「手綱」が気分をコントロール?

脳卒中・片頭痛の増悪を招く興奮性の波

脳卒中・片頭痛の増悪を招く興奮性の波

損傷された脳では何が起こっているのか?じわじわ広がる「キラー・ウェーブ」とは?

集中治療医学における脳科学

集中治療医学における脳科学

感染症や外傷による重篤な全身状態から脳を守る鍵とは?

新規顕微鏡開発による脳の三次元構造の可視化

新規顕微鏡開発による脳の三次元構造の可視化

脳の中を自由に見てみたい!ものづくりって楽しい!

ハーブの抗てんかん効果

ハーブの抗てんかん効果

アフリカの学者・学生と協力して伝統医学の生物的理解を!

神経回路の活動を操作

神経回路の活動を操作

脳を構成する神経経路や様々な細胞種の活動を活性化・抑制する新規技術を開発!

国際色豊かな環境での脳科学研究

国際色豊かな環境での脳科学研究

多彩な背景をもつメンバーや世界の共同研究者と脳の不思議を学ぶ

精神・神経疾患の動物モデル

精神・神経疾患の動物モデル

複雑な脳疾患の診断・治療法開発には動物モデルによる分子レベルでの研究が欠かせません!

問合せ・アクセス